HOME | Blowing machine | Maintenance

Maintenance
メンテナンス情報



マシンオーナー様、マシンユーザー様向けのページです

主なメンテナンス項目

 
ブローイングマシンを日常的にお使いになる上でとても大切なメンテナンス項目です。ぜひお読み頂きメンテナンスにお役立てください。
ユーザーマニュアルの「メンテナンス」のページもご確認ください。
 
適切な点検整備を行うことによって、マシンを長期に渡り良好な状態でお使い頂く事が出来ます。
マシンの使用時間が100150時間に達した場合、また、マシンご購入から2~3年経過した場合、訪問メンテナンスを受ける事をお勧めします。

 部品 場所 メンテナンス
カーボンブラシ ブロワー 300~350時間の使用ごとに交換。
カーボンブラシが摩耗しすぎるとブロワーが故障する場合があります。
フェルトシーリング エアロック 20~50時間の使用ごとに植物油(菜種油等)を両面に塗る。
ゴムパッド(6枚) エアロック 約400時間の使用ごとに交換。
新しいゴムパッドには6枚すべてにシリコンスプレーをしてください。
その後は約30時間の使用ごと、または、現場ごとにシリコンスプレーをしてください。
脱気ホース エアロック 約50時間の使用ごとにクリーニング。
ゴムパッド アジテータ 約300時間の使用ごとに交換。
エアフィルタ 空気吸入口 作業日ごとに最低でも1日1回きれいにしてください。必要に応じて交換してください。
マシンユニット内のホース マシンユニット(モータが入っている部分) ホースが確実に接続されていて緩みがないか、ホースに損傷や亀裂がないか確認して下さい。
マシンのクリーニング マシン全体 マシンは使用の都度きれいにしてください。
セルロース断熱材や他の断熱材がマシンの中に入ったままの状態でマシンを放置しないでください。

訪問メンテナンスについて

 
※ 2022年5月現在、 世界的な新型コロナウィルス感染拡大のため 訪問メンテナンスを停止しております。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 
適切な点検整備を行うことによって、マシンを長期に渡り良好な状態でお使い頂く事が出来ます。
マシンの使用時間が100150時間に達した場合、また、マシンご購入から2~3年経過した場合、訪問メンテナンスを受ける事をお勧めします。
 

マシン訪問点検申込書

申込用紙にご記入の上、メール添付でinfo@ecotransfer-japan.comにお送りください。

LinkIcon マシン訪問点検申込書 / Order form for maintenance

マシンの使用頻度や使い方によってメンテナンス頻度も変わります。
ご質問や点検整備へのご相談は下記メールアドレスにお願いします。

  • 破損箇所があれば写真を撮りEメール添付でお送り下さい。
  • マシン稼働時間カウンターの数値を必ずお知らせ下さい。

info@ecotransfer-japan.com
 
 

新型コロナウィルスが収束に向かいましたら、訪問点検整備を再開させて頂きます。よろしくお願い申し上げます。