X-FLOCブローイングマシン トラブルシューティング

M99マシンに関するトラブルシューティングです。マシンが正常に動かない場合に、まずご確認頂きたい項目です。

【基本的な確認事項】

1. 電圧
M99マシンには230Vの電圧が必要です。
変圧器を使う場合、100Vの入力→230Vの出力が安定していますか。
マシンは、入力電源が200Vだと低すぎて正常に動きません。200Vの入力電圧の場合、モータ保護スイッチが入ってマシンが停止する場合があります。

2. 電源の確保
マシンに必要な電源が現場で確保されていますか。
電源供給が不十分の場合、マシン製造元が推奨する発電機をお使い下さい。例:Makita発電機 5kW 出力230V

3. 電源ケーブルの接続
青い主電源ケーブルは確実に接続されていますか。確実に接続されている事を常に確認してください。不完全な接続だと発熱する場合があり危険です。
主電源ケーブルのプラグは必ずしっかりと差込んでクリップで固定してください。

4. 空気圧
出力空気圧は何mbarですか。測定してください。

5. 空気フィルタ
空気フィルタはきれいですか。フィルタが詰まっていると、マシンは十分な空気を吸入できず正常に作動しません。
作業日ごとに 1日1回はフィルタをきれいにしてください。

6. エアロックのゴムパッドとフェルトシーリング
現場ごとに、エアロックのゴムパッド6枚に、シリコンスプレーをしてください。
現場ごとに、エアロックのフェルトシーリングに、植物油を塗ってください。

7. マシンユニット内部のホース
マシンユニット内部のホースは、確実に接続されていますか。
また、内部ホースに損傷や亀裂がないか、確認してください。

ブローイングマシンは、使用頻度や使い方によって、メンテナンスの頻度ややり方も変わってきます。主なメンテナンス項目もご参照ください。