暴露試験の結果

株式会社サン・スプレー(長野市)様のご協力により、2011年4月から暴露試験を行いました。

試験概要
1. 試験内容:暴露試験・凍結溶解サイクル試験
2. 場所:長野県
3. 試験に使った塗料:シリケート塗料
(1) カイム・ロイヤラン(外装用塗料)
(2) カイム・コンクレタール(コンクリート壁用塗料)
(3) カイム・ビオシール(内装用塗料)
4. 試験サンプル塗装時期:2011年4月

2013年1月時点での結果(試験開始から1年10ヶ月経過)

【試験サンプル】 写真撮影:2013年1月28日

屋外で1年10か月経過した試験体

【試験結果】
試験体の観察:変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび割れ等が無いか目視確認した。

(1) ロイヤラン(外装用塗料)
発色状態は良好で、変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび・剥がれ等のいずれも見られなかった。
ナイフで傷を付けた部分にも剥がれや膨れ等は無かった。


(2) コンクレタール(コンクリート壁用塗料)
発色状態は良好で、変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび・剥がれ等のいずれも見られなかった。
ナイフで傷を付けた部分にも剥がれや膨れ等は無かった


2012年4月時点での結果(試験開始から1年経過)

【試験サンプル】 写真撮影:2012年4月

上段:暴露試験1年経過後の試験体  下段:屋内で1年経過した試験体を外に出し並べた

【試験結果】
屋内で1年間経過した試験体と、屋外で1年間経過した試験体とを比較し、
両者共に変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび割れ等が無いか確認した。2012年4月。

(1) ロイヤラン(外装用塗料)
両サンプル共に、変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび・剥がれ等のいずれも見られなかった。

左:屋内で1年経過 右:屋外で1年経過 ナイフで傷を付けた部分にも剥がれや膨れ等は無かった

(2) コンクレタール(コンクリート壁用塗料)
両サンプル共に、変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび・剥がれ等のいずれも見られなかった。
左:屋内で1年経過 右:屋外で1年経過 ナイフで傷を付けた部分にも剥がれや膨れ等は無かった

(3) ビオシール(内装用塗料)
室内用塗料のビオシールについても暴露試験を行った。屋外で1年経過した後も状態は非常に良好で、
変色・退色・チョーキング・膨れ・ひび・剥がれ等のいずれも認められなかった。
上:屋内で1年経過 下:屋外で1年経過