AdobeReader
PDF閲覧にはADOBE®READERが必要です。
ダウンロードはこちらから。

外壁仕上材をすのこ状に取付けるデザイン例 Lücken Fassade in Germany etc.

外壁仕上材に隙間を持たせて「すのこ」の様に取り付ける工法を、ドイツ語では「リュッケン・ファサーデ Lücken Fassade」、または、「リュッケン・シャールング Lücken Schalung」と言っています。リュッケンとは隙間/ギャップのことです。
この「すのこ」状の外壁仕上は、ドイツ等では近年とても人気があり、木造の新築・改築でこの工法が多く採用されるようになりました。 外壁仕上材としては主にカラマツが使われます。
ブラック色の壁用透湿防水シート「ソリテックス・フロンタ・クアトロ・コネクト」は、紫外線に強く耐久性が高いので、この様な工法にも最適です。


日本での施工事例 Examples in Japan   →ドイツ他の施工事例はこちら Examples in Germany etc.

株式会社ベストリペア(秋田県秋田市)様プロジェクト】

すわ製作所(東京都世田谷区)様プロジェクト】

鈴木工務店(東京都町田市)様プロジェクト】

北嶋洋一建築設計(秋田市)様プロジェクト】
>

アンビエントホーム松山(愛媛県松山市)様プロジェクト】
日本初!パッシブハウスのオフィスです。(写真提供:アンビエントホーム松山様)

(株)サトウ工務店(新潟県三条市)様プロジェクト】
サトウ工務店のブログはこちら。

(株)OKUTA(埼玉県さいたま市)様プロジェクト】

【(有)さとう美装建設(秋田県大仙市)様プロジェクト】
幅の異なる外壁材を施工したデザインです。